HOME > ようこそ小郡へ > おごおりの歴史・人物 > 松崎遊歩道マップ

おごおりの歴史

おごおりの人物

松崎遊歩道マップ

野田宇太郎の生誕地 松崎をご存じですか?

小郡市は、井上廃寺や上岩田遺跡など、考古学方面においても、注目を浴びています。もちろん、松崎もその例にもれていません。現在でも、宿場町としてにぎわった当時の面影が、そこここに見受けられます。

三井高等学校付近は、17年でとり壊された『幻の城・松崎城』の本丸があったそうです。松崎城城主有馬豊範は、参勤交代用の津炉を整備し(「天下道」-1)、松崎を宿駅として栄えさせました。

町の入口には、「構口」と呼ばれる番所が設けられ(-2・-3)、大名が宿泊する「本陣」(お茶屋-4)や、西郷清盛や日本地図を制作した伊能忠敬が宿泊したことで有名な「油屋」(-5)がありました。

もちろん、野田宇太郎の詩碑(-6)や墓所(-7)も、その町並みの風景の一部として建立されています。

あなたも、自然と歴史の町松崎に訪れてみませんか。松崎公民館の文化祭では、いろいろな出し物や、露天が出店されていますが、自転車の無料貸出しもしています。地元松崎のご協力をえて、地図のルートを遊歩道として整備しています。

澄んだ空気を満喫しながら、サイクリングをお楽しみください。
(提供:松崎自治公民館)



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ