HOME > おすすめ情報 > 募集 晩秋の松崎散策 松崎城跡と霊鷲寺

2018年6月

募集 晩秋の松崎散策 松崎城跡と霊鷲寺

 寛文8年(1668)、第3代久留米藩主頼利が急に亡くなり、その弟の頼元が4代藩主になりました。その時に有馬家の養子であった豊範に松崎領1万石あまりが分け与えられました。松崎藩の誕生です。当初、豊範は旧筑前街道の宿場町であった横隈の御茶屋に滞在していたと考えられています。その後、寛文11年から寛文13年の間に松崎城(松崎館)が完成します。

 また、豊範は菩提寺として旧三潴郡西牟田にあった瑞松山霊鷲禅寺(臨済宗)を松崎に遷しました。霊鷲寺には九州で一番大きいといわれるサザンカが晩秋から初冬にかけて流麗な白い花を咲かせます。

 今回のハイキングは松崎城跡周辺と霊鷲寺を巡ります。

 ※霊鷲寺は「りょうじゅうじ」と読みます。

詳 細

●受付開始日: 11月5日(火曜日)より
●散策日時: 11月30日(土曜日)
  午前9時半受付開始 午前9時40分出発~午後1時頃(少雨決行)
●集合/解散場所: 旧松崎旅籠油屋(小郡市松崎786-1)
●行程: 旅籠油屋→城近堤→松崎城址→霊鷲寺→旅籠油屋 約5km
  昼食場所として旅籠油屋を開放いたします(お弁当は自前でご用意下さい)
●募集定員: 40名(予約先着順)
●持参物: 帽子・水筒・タオルなど ※参加無料

●申込み:

電話0942-80-1920
  受付時間  平日8時30分~17時

※天候が不順な場合の開催可否については、当日朝8時30分以降に
 0942-80-1920へご連絡ください。




このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ