HOME > おすすめ情報 > 如意輪寺 火渡り
如意輪寺 火渡り
如意輪寺 火渡り
 火渡りの行は仁和3年(887年)京都の金峯山で、毒蛇を追い払うために理源大師が樹葉をいぶしたのが始まりと伝えられる「柴燈護摩」に起源を発すると言われています。

 毎年1月17日、如意輪寺境内では、新年の息災を願う「初観音・柴燈護摩供火渡り」が行われています。
 境内広場の中央に、直径2m、高さ3mほどに積み上げられたヒノキの枝葉を燃やし、その炎の中に僧たちが護摩木を投じ、ホラ貝や太鼓、鉦を打ち鳴らしながら読経を続け、無病息災、家内安全などを祈ります。
 ヒノキの枝が燃え落ちた後の灰の上を、僧に続き裸足で歩き、1年の息災と幸福を祈るのです。
 仏の「知恵の火」によって煩悩を焼き尽くしてしまうという意味も込められています。
 「火渡り」の行は、人々の心を洗い、1年を幸せに過ごすための新春行事として、地元のみならず県外からも大勢の参拝客を集め、年々その数が増えています。
 如意輪寺の入口には出店が並びお祭り気分を盛り上げます。
 また、住職のご好意で昼食用の精進弁当が用意される予定(数量限定)で、温かいお茶とともに振舞われます。
 火渡りの行では小さなお子様からご年配の方まで大勢の方が参加できますので、ぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

如意輪寺 火渡り
▼日時  平成29年1月17日(火)
 10:00~ 本堂にて初観音法要
 13:00~ 火渡り※雨天実施 
▼場所 如意輪寺
福岡県小郡市横隈1729 
▼アクセス 西鉄大牟田線「三沢駅」より徒歩15分
▼お問合せ 如意輪寺 TEL:0942-75-5294
小郡市観光協会
TEL:0942-72-4008 ホームページ【外部リンク】 

過去の如意輪寺 火渡りの様子はこちらをご覧ください。
≫ 探検日記「如意輪寺火渡り(平成28年1月17日)」【内部リンク】 



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ