HOME > おすすめ情報 > 御勢大霊石神社 歳旦祭

2020年1月

2018年6月

御勢大霊石神社 歳旦祭
御勢大霊石神社 歳旦祭
御勢大霊石神社の歳旦祭では、お神酒やぜんざい(1,000名分程度)、神木の銀杏のお振る舞いが行われます。
12月31日、大みそかの午後11時30分から数回にわたり、大保地区の子どもたちによる舟太鼓演奏も実施。
初詣に足をお運びになってはいかがでしょうか。

御勢大霊石神社(みせたいれいせきじんじゃ)とは

御勢大霊石神社の主祭神は、第14代仲哀天皇である。
伝承によると、仲哀天皇が熊襲征伐に当たり、行宮をここに設けたという。
ところが天皇が戦線を巡視した時に毒矢に当たり、この地で崩御した。
神功皇后は兵士の士気の衰えることを恐れて喪を秘し、熊襲征伐の後、香椎の宮で発喪したという。
その後朝鮮出兵にあたって、御魂代の石を軍船にのせ仲哀天皇の鎧と兜を着せて征途につき、戦勝後凱旋すると、その石を天皇の御魂代として、また朝鮮半島を守る不動石として祀ったと伝えられている。
今社前にある石がこれで、御勢大霊石といわれている。
社前の立石の場所が天皇殯葬の地といわれている。
延喜式内社筑後四社の一つである。
御原郡十九ヶ村の産土神で、造営は御原郡・御井郡の両郡でとり行われた。
明治29年県社に列せられた。
(一般社団法人小郡市観光協会HPより引用)

一般社団法人小郡市観光協会【御勢大霊石神社】ページ【外部リンク】

開催情報

【日時】平成29年1月1日(木)
※お祓いは1月1日0時00分から開始します。
【会場】御勢大霊石神社(小郡市大保1032)
【お問い合わせ先】0942-75-3350
【アクセス】西鉄大保駅より東に徒歩7分
※車でお越しの方は、イオン小郡店 天日北側A駐車場をご利用いただけます。
12月31日22時から元旦8時まで利用可。
(イオンは31日22時閉店、元旦は8時半から営業)
エネオス横の出入り口からお入りください。



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ