HOME > おごおり探検日記 > 「知事のふるさと訪問」の様子を取材してきました!
「知事のふるさと訪問」の様子を取材してきました!


秋も深まってきた今日この頃、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
ワタコ.pngでございます。


11月4日、小川県知事が小郡市を訪れ油屋を訪問するということを聞きつけ、ちょっとだけ(本当にほんのちょっとだけ)様子をのぞいてきました。

今回はその様子と「小郡市の歴史を守る会」の磯部さんから油屋訪問の様子についてうかがった内容をお伝えしたいと思います。どうぞ!

 


 

生涯学習センターです。加地市長が知事を出迎えるということで、続々と関係者の方が集まってきました。

オリリン・ヒコリン・エコトンもいます。


IMG_2412.jpg   IMG_2420NEW.jpg



車から降りてきた知事を笑顔で迎える市長。

IMG_2430.jpg   IMG_2435.jpg



・・・と、探検隊が撮影出来たのはここまで。
本当にちょっとだけでしたね。ごめんなさい。

 


 

これからの油屋訪問の様子は「NPO法人 小郡市の歴史を守る会」の理事長である磯部さんから話を聞いた内容をもとにお伝えさせて頂きます。

磯部さんは油屋訪問の際、知事に復原工事や旅籠、薩摩街道などにおいて説明をしました。

復原工事中の油屋を内覧する知事。
「外から見るのと、中に入ってみるのとでは全然違いますね。広いなあ~。」と、ひとしきり感心されていたとのこと。

IMGP2402.jpg IMGP2405.jpg
IMG_2473.jpg

確かに油屋は、外からうかがえる様子とは違って、中は奥行きと高さがあり予想外の広さに驚かされます。


そして以前の探検日記にも登場した竈(かまど)。

IMG_2476.jpg

磯部さんから知事にも説明したそうですが、この竈は復原工事終了後、イミテーションとして飾るだけではなく、イベント時には実際に火を焚(く)べて使う予定なのだそうです。

竈でご飯を炊いたり湯を沸かしてお茶を淹れたり、想像しただけでもワクワクしますね!


隣の中油屋に上がり、パネルでの説明を受ける知事。
西郷隆盛が使ったと言われる大朱盃や、古い風習で使われていた「胞衣壺(えなつぼ)」の展示にも大変興味深そうにご覧になったそうです。

IMGP2419.jpg
IMGP2425.jpg IMGP2437.jpg

 


 

さて、今回は「知事のふるさと訪問」で小川県知事が小郡市を訪問した様子の一部をお伝えしました。

知事はこのほかにも、七夕神社、如意輪寺を訪問された後、小郡市で活躍している方々と対談したそうです。

 

これらの様子は県広報誌「グラフふくおか 平成30年12月20日冬号)」に掲載されるとともに、県広報番組「福岡県庁知らせた課」(12月2日(日)RKB)でも放送予定とのことです。なお、県広報番組につきましてはYouTube 福岡県公式チャンネル「ふくおかインターネットテレビ」でも同日公開予定とのことですので、是非そちらもご覧ください!




このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ