HOME > おごおり探検日記 > 【7/17】如意輪寺 夏の大祭
【7/17】如意輪寺 夏の大祭

7月17日は小郡市横隈にある如意輪寺で「夏の大祭」が行われました。毎年行われる「夏の大祭」ですが、訪れる度に違う表情を見せたり、新しい発見が出来る如意輪寺。さて、今年はどんな大祭になったのでしょうか。

 


 

約3,000個の風鈴
6月から下げられた風鈴。境内の外からでも風鈴の涼やかな音色が聞こえてきます。境内に入ると、数えきれないほどの風鈴たちが出迎えてくれます。大通り沿いにある如意輪寺ですが、一歩足を踏み入れると外の喧騒を忘れさせてくれます。

如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭

法話・護摩厳修
時間前から本堂の中には多くの人が詰めかけていました。法話では「常に感謝。常に笑顔でいるようにしましょう。不平不満ばかりを思って怒っていてばかりいてはいけません。ご先祖様に感謝して笑顔を心掛けましょう。感謝や笑顔は心を若返らせてくれます。」と説かれていました。

如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭

催事
午後になると、かえる舞、インド古典舞踊やフラダンス、太鼓、キッズダンス。そして夕方からはチンドン屋や大道芸、バナナの叩き売り、ひょっとこ踊りや白鷺会の迫力ある太鼓など楽しい演目が続きました。

如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭

 


 

九州北部豪雨復興への想い

今年の夏の大祭では、7月上旬に発生した九州北部豪雨の義援金活動も行われました。九州北部豪雨では小郡市の近隣である朝倉市をはじめ、東峰村、日田市などに甚大な被害が出ました。大祭の前日にも被災された東峰村の方が参拝に見えて、お札を求められたのだそうです。最後にはご住職らによる真言聲明の奉納がありました。被災地へ復興の想いを届けるかのように、聲明の声色が境内に響き渡っていました。

如意輪寺 夏の大祭
如意輪寺 夏の大祭



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ