HOME > おごおり探検日記 > まち旅 違いの分かる大人のチョコレート・テイスティング
まち旅 違いの分かる大人のチョコレート・テイスティング
専門店で過ごすチョコっと贅沢な時間
久留米まち旅博覧会、通称まち旅。
久留米に暮らす人々が、普段から慣れ親しんだ地元の地域資源を活かして企画した、手作りの体験型観光商品です。

小郡ではmorrow珈琲さんのコーヒー入れ方講座に続き、NICO chocolaterieさんにて、チョコレート・テイスティングが行われました。

 


 

イベントの内容は、チョコレート専門店であるNICO chocolaterieさんにて4種類のチョコレートをテイスティング。味の違いやカカオについて、フランスで修行経験のある店主の矢ケ部さんが解説されるというもの。

探検隊は、一日に一度はチョコレートを食べないと落ち着かないほどの、チョコレート好き。
楽しみで楽しみで、前日は8時間しか寝ることができませんでした。


当日NICOさんに到着するなり、ショーウィンドーにくぎ付けになりました。

なんともおいしそうなチョコレートがたくさん!
さらに、ケーキや焼き菓子まで充実しています!! 

もう、見るだけで幸せな気持ちになってきます。
店内をほんのり漂うチョコレートの香りもたまりません。
おいしそうなチョコレート
こんな素敵なケーキ、食べたい( *´艸`)
焼き菓子も充実しています。
甘党の私には、1ホールも余裕ですよ♪

 


 

さっそく、矢ケ部さんによるチョコレートの製造工程と、カカオによる味の違いに関する講習が始まりました。皆さんいただいた資料を手に真剣にお話を聞いて、メモを取っていらっしゃいました。

講習は、人体解剖学に基づいたチョコレートをおいしく食べるための温度や、その食べ方までに及びました。実際に『食べる側』である参加者の皆さまは、時折「へ~」と声を上げ、感心されていらっしゃいました。
矢ケ部さんによる分かりやすい講習
皆さん真剣です。
4枚のチョコレートを、癖の少ない順に食べ比べ、味の違いを感じていきます。カカオやその量によって、見た目・香り・味が全く異なります。チョコレートだけでここまで味が違うのかと、とても驚きました
味覚を研ぎ澄ましてテイスティング!
最後にNICOさんより、ケーキのセットが参加者の皆さまに振る舞われました。日本庭園を思わせる高級感のある盛りつけに、写真を撮る方もちらほら見られました。皆さんNICOさんのおいしいスイーツに顔をほころばせ、今日のイベントの余韻に浸っているようでした。
おいしそうなスイーツ!



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ