HOME > おごおり探検日記 > 世界の家庭料理体験教室&講演会(アルゼンチン)
世界の家庭料理体験教室&講演会(アルゼンチン)

平成27年10月11日(日)、あすてらすで世界の家庭料理教室が開かれました。

おごおり国際交流協会主催で年に3回程度、外国の方をお招きし、故郷の家庭料理を教わる料理教室です。

この日はアルゼンチン出身で久留米在住の箕浦 桂子(みのうら けいこ)さんに、 アルゼンチン北部の家庭料理を教わりました。
今回は4品を作ります。

ソッパ・パラグァージャ
とうもろこしで作る主食です。
ソッパとはアルゼンチンで話されている言語(スペイン語)で、「スープ」の意味で、スープを作ろうとしたら、おいしいコーンケーキが出来上がってしまったという、偶然の美味しい産物です。


材料:
トウモロコシ粉、コーン缶(クリームでもホールでも可)、玉ねぎ、パルメザンチーズ、バター、牛乳、塩、卵、細切りチーズ

みじん切りの玉ねぎを、トウモロコシ粉を使った生地に混ぜ、チーズをまぶしてオーブンで焼きます。
できあがりは、キッシュのようで、しっかりとした歯ごたえでボリュームがあります。
見た目も味もシンプルですが、エネルギーをしっかり補えるような食べ物です。

ミラネサ
肉(主に牛肉)にパン粉をまぶして揚げる、日本のカツに似た料理です。
「ミラネサ」は「ミラノ風」という意味だそうです。
肉を叩いて薄く伸ばし、味付けにはレモンを使います。

今回は豚肉で作りました。
本当に日本のトンカツに似ています。

ロクロ
アルゼンチン北部で食べる煮込み料理です。

材料:
トウモロコシ粉、白インゲン豆、鶏もも肉、チョリソーソーセージ、ベーコン、玉ねぎ、かぼちゃ、にんじん
鶏もも肉とベーコン、玉ねぎ、かぼちゃ、にんじんは適当な大きさに切る。

パプリカ、ピーマン、にんにく、しょうが
細かく刻んで炒め合わせます。
ピリリとした味付けに使います。

できあがりは、体がぽかぽかして滋養たっぷりのあたたかいスープでした。 

サングリア
今回はワインではなく、ぶどうジュースを使いました。
リンゴなど5~6種類のフルーツと混ぜ合わせます。

たくさんの材料を前に説明を受けます。

おごおり国際交流協会副会長の松藤さんが説明をしてくださいました。 

世界の家庭料理(アルゼンチン)

それぞれの班で材料を取り分けて、下ごしらえに入ります。

初対面の人たちも笑顔で協力して作業を進めていきました。 

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン) 世界の家庭料理(アルゼンチン) 世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

彩り豊かなトマトやパプリカ。
にんにくやしょうがもたっぷり使います。
 

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 
 

ミラネサやソッパ・パラグァージャも次々に出来上がってきました。
 

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)

ロクロは参加者全員分を大きな鍋で煮込みます。

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 
 
 
 
 
 
 

料理ができあがりました。

真っ白いお皿に盛り付けていきます。 

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 
 

いただきます!!

世界の家庭料理(アルゼンチン)

今日のメニューはボリュームたっぷり!

特にソッパ・パラグァージャは日本の米飯に負けないくらい元気が出そうです。

ピリリと辛味はありますが、日本でも簡単に作れそうなメニューでした。 

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 

おいしく食べた後は、協力し合って片付けます。

あすてらすの調理室はとても清潔で、日当たりも良くて使いやすいです。

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 
世界の家庭料理(アルゼンチン)

アルゼンチンの家庭料理を教わって、おいしい秋を楽しみました!

 

午後は講演会です。

DVDやパソコンを使い、アルゼンチンの事を調べながら語り合います。
観光地などを地図で場所を調べたり、アルゼンチンに旅行した方の体験談で盛り上がりました。

箕浦さんが持ってきてくれたポンチョは大きな1枚布で、とても暖かそうです。 
マテ茶を飲むコップは皮が貼られています。
スプーンのようなストローで飲むそうです。 

世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
世界の家庭料理(アルゼンチン)
 
 

私たちから見たら、地球の裏側にあるアルゼンチンですが、この日教わった家庭料理は素朴で日本人の口に合う味でした。

現在、小郡市には約500人の外国人が住んでいるそうです。
おごおり国際交流協会では年に3度ほど、日本在住の外国の方をお招きし、故郷の家庭料理を伝える講座を開いています。

 

講座の詳細や、これまでの料理のレシピについては、こちらのサイトをご覧ください。

おごおり国際交流協会事務局(小郡市役所企画課内)





このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ