HOME > おごおり探検日記 > 中油屋 内覧
« 前1234567...13次 »
中油屋 内覧
中油屋 内覧
2月19日、完成したばかりの中油屋を一般公開に先駆けて拝見させていただきました。

中油屋の一般公開は3月8日午前10時から。
当日はアコースティックライブや記念酒・ひなあられの販売、豚汁の無料配布も行われますので、ぜひお誘いあわせの上、足をお運びください。

中油屋とは?

小郡市指定有形文化財「旅籠油屋」。
正式名称は「旧松崎旅籠油屋 主屋一棟 座敷一棟」といいます。
その正式名称どおり、油屋は主屋と座敷の二つの建物から成り立っており、主屋部分には一般客が、座敷部分は三間続きの上質の部屋からなり、武士などの身分の高い賓客を泊めていたと考えられています。
今回復原工事が完了したのが賓客を泊めていたとされる座敷の部分、ここを中油屋と呼んでいます。

中油屋 空撮

▼画像をクリックすると拡大表示されます▼

中油屋 空撮写真

油屋(写真奥)と中油屋(写真手前)

中油屋 空撮写真

中油屋

中油屋 外観

▼画像をクリックすると拡大表示されます▼

中油屋 外観写真

立派な門には家紋瓦

中油屋 外観写真

外壁もきれいですね!

中油屋 外観写真

昔の柱を使用しています

中油屋 外観写真

門の造りも大変立派です

中油屋 外観写真

鬼瓦を発見!

中油屋の周囲を歩きながら見ていると、左横の写真のように古い欠けたような木材が使用されている部分をところどころに見つけることができます。
これは以前の中油屋の木材をそのまま使用している部分なのだとか。
ご見学の際はぜひ探してみてくださいね!

中油屋 建物内の様子

▼画像をクリックすると拡大表示されます▼

中油屋 建物内の様子

床下部分の板にもご注目!

中油屋 建物内の様子

中は三間続きの広々としたお部屋です

中油屋 建物内の様子

床の間のあるお座敷

中油屋 建物内の様子

玄関には何やら畳に不思議な部分があります…

中油屋 建物内の様子

縁側部分の明かりも素敵です!

中油屋 建物内の様子

入り口部分の戸にも…

中油屋 建物内の様子

欄間から隣の明かりが漏れてきます

中油屋 建物内の様子

復原前の様子と見比べて…

中油屋 建物内の様子

開けてみると床下にツボが!!

床下の壺は【胞衣壺(えなつぼ)】と言い、出産時に排出された胎盤を入れておいたものなのだとか。
生まれてきた子どもの健やかな成長を祈るため、床下などに埋める習慣があったのだそう。
中油屋の床下からは5つもの胞衣壺が出てきており、それを再現しているそうです。
中油屋を見学される際はぜひご覧ください。



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ