HOME > おごおり探検日記 > 火祭り ~左義長~
火祭り ~左義長~

IMG_4263-1.jpg

 

1月14日(日)、小正月に行われる火祭りの行事「左義長」が立石校区多目的グラウンドにて行われました。(左義長実行委員会主催)

長い竹を組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼きます。

その火で焼いた餅を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われています。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われています。

立石校区では区長会を始めとして小中学校PTA役員さん、地域委員さん、等々地域を守っていらっしゃる方、そして立石の子ども達が手に手にしめ縄や書初めなどを持って集まりました。また公民館では健母の会、PTAの方々の手作りぜんざいがふるまわれ寒い空の下温まっていました。

 

 

 

 

➣来賓の方の御挨拶の後、火の点火の前に鎮守を行い、小学生、中学生の代表により火がつけられました。

(画像をクリックすると大きくなります)

 

 

 

➣パーン、パーンと竹が音をたて、天に向かって燃え上がる真っ赤な炎。

無病息災、五穀豊穣、学業上達を願って・・・今年もいい年になりますように・・・

 



このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ