HOME > おごおり探検日記 > 2/11 如意輪寺 節分祭
2/11 如意輪寺 節分祭


2015年2月11日、如意輪寺にて恒例の「節分祭」が行われました。

この祭りは、一年の健康・開運・厄除け・学業成就を願う、地元だけでなく近郊の人々にも人気のイベントです。

会場では14時からの護摩焚きの後、「豆まき」が始まりました。
こちらの豆まきはちょっと変わっていて、 豆のほか、餅やお菓子などが壇上から多数まかれますが、豆の入った袋の中には抽選番号が入っており、たくさんの豪華景品が当たります。
今年も、ラーメン無料券100杯分や〇万円のブランドサイフ等、会場から「うぉーっ」と声が上がるような景品が用意されていました。 
 

まずは市長からのご挨拶。

「日本で唯一如意輪観音立像のあるこの寺は小郡市随一のパワースポット。また、『かえる』は古来から金運アップの縁起物であることから、皆さん是非ここで福をつかんで帰ってください!」

『護摩焚き』
 

護摩焚きとは、護摩壇に細長く切った願い事を書いた薪木を入れ、浄火に焼かれることにより願いを叶えようというものです。

点火された護摩壇は勢いよく燃え上がり、住職の祈祷が行われました。

願い事を書いた護摩木を持った方々が、順に護摩壇の周りを歩いて炎の中に投げ入れていらっしゃいました。

原口ご住職の法話。

『煩悩』について、分かりやすくお話して下さいました。

いよいよお待ちかねの豆まきスタート!

たくさんのお菓子やお餅の入った衣装ケースがいくつも並べられました。
そして、この後激しい争奪戦が繰り広げられました。

これぞまさに『煩悩』・・・。

豆まきは10分弱くらいでしたでしょうか?
もみくちゃにされ、泣いているお子さんもチラホラ・・・。

お子様連れの方はちょっと注意が必要かも。 

見事、「番号入りのお餅」をつかんだ方は、その番号によって景品をもらうことができます。

豆まきが終わると、今度は景品発表と引き換えが行われました。

1番は、毎年恒例「日本酒」です。 
当たるのは一人ではありません。数本用意されていました。 

そう、結構な高確率なのです。 

「9番、壺で~す!かなり大きいです!おめでとうございます」
景品が披露されると、会場がどよめきました。
周りの方もちょっと興味深々・・・。

KIMG0147.jpg筑紫野市から来られた こちらの方はお米5キロを当てていらっしゃいました!→

この後、イチゴや自転車、スィーツ等、まだまだ景品交換が続きます。KIMG0149.jpg

残念ながら「探検隊」は番号入りのお餅はGETすることはできませんでしたが、お餅の中に「我ガ」さんのラーメン無料券が2枚入っていました。

これで皆さんと一緒に福を掴むことができたかな?

景品は、毎年豪華になっていくように感じました。

今年行きそびれた方は、是非来年チャレンジしてみてください! 

以上、「おごおり探検隊」の節分取材でした。 

如意輪寺のご案内はこちら→「小郡市観光協会(外部サイト)」 




このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ