HOME > おごおり探検日記 > 小雨の如意輪寺
小雨の如意輪寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 梅雨本番の6月半ば、紫陽花を見に如意輪寺へ。

 

 到着するまでは「雨上がればいいのにな」なんて思っていたけれど、着いてみると雨の日ならではの素敵な趣がありました。

 


 

 

 

紫陽花が、濃い紫から薄い紫までイキイキと満開の花を咲かせていて、歩いているだけでもキュンキュンする感じ

 

 

 

 

 

この週末から来週が見頃ですね。

 

 

 

 

 

 

          神社では、濡れた新緑が鮮やかに映え、

 

          空気が澄んで、土と木のなんとも言えぬ良い香り。

 

 

 

 

 

 

        白くて小さな紫陽花もありました。

 

 

 


 

 

敷地内にはちょっと数えられないくらいのカエルの置物があり、人生の区切りとなる場面を順に表したり、趣向を凝らした一言が添えられていました。

 

 

 

    「することが先、得ることは後」

 

    う~ん、なるほど・・・

 

 

    「若がえる」

 

    はい、永遠のテーマです

 

 

 

 

    何やら密談中のよう・・・

 

 

水蓮も、カエルの背中に生えたコケも、普段よりずっと濃い緑色に見えました。

 

14.jpg

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月17日には、ここ如意輪寺で「風鈴まつり」が開催されます。

11.jpg

 

  境内には早くも、「願い事」の短冊が付いた風鈴が、所狭しと吊るされていました。

 

  透明のガラスに色とりどりの模様が描かれた風鈴。お願い事は良縁であったり

  健康であったり様々。

 

  風に揺られて一斉になびくと、涼しげな音が響き渡りました。

 

  他の音が何も聞こえなくなる程くらいの音量で。

 

 

  夏はもう、すぐそこまで来ているようです。

 

 


 

 

雨の如意輪寺、いかがでしたか?

 

この日はほとんど人気も無く、ひっそりとしていました。

家族やカップルで来ても楽しいけれど、「おひとり様」もなかなかオツなもの。

会話をすることも無く、自然や厳かな雰囲気をただそのまま感じるだけ・・・

のんびり散策していると、疲れが取れふっと気持ちが軽くなりました

 

「雨の日や一人でなんて・・・」と思わず、こんな季節にでもぜひ足を運んで下さい

また違った楽しみ方が見つかるのではないでしょうか。




このサイトについてNPO法人 地域インターネットフォーラムご意見・お問い合わせ